上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Trick or Treat"
留学生の企画で、
ときどきイベントパーティがあります。
20051031005534.jpg

信号機パーティ。
仮装パーティ。
ハワイアンパーティ。
さよならパーティ。

今回はもちろん、HALLOWEEN-PARTY!!!
ダンスホール内は、
バニーガールやポパイや天使やスクリームやキャッツや、、
もうとにかくいろんな格好をした人がいます。
欧米の人って本当におちゃめだし、
たのしみ方を知ってるなって思います。
これも育った環境なのかな。



留学生だけでなく、
復旦のダンス好きな中国人の学生も来ています。
わたしも毎回顔を合わせるともだちがいます。
どんどんきれいにセクシーになっていく、
普段は研究で忙しく勉強熱心で、
遊び方も知ってるその子たちはかっこいい。

halloween-party

やっぱりハロウィーンには
お母さんの作ったパンプキンパイ食べたいな。
ちゃんとジャックオーランタンの形してるやつね。
スポンサーサイト
わたしの眼に映る、
shanghaiの姿を伝えること。
いま、わたしが上海にいるからできることの1つだと思っています。
10.2910.29

10.29
10.29
10.2910.29
ということで、
これからもどんどん自分の足で歩いて、
わたしのshanghai mapを拡大していきたいと思います。
出掛けたいだけじゃんと言われれば、それまでだけど。

さて。
ねむい頭を醒ますべく、
昨日はひさしぶりに散歩コースへ。
でも、今回ははじめての画廊やレストランが目当て。

陝西南路から復興中路へ向かう途中に
南昌路というやや小さい通りがあります。
うっかり通り過ぎてしまいそうな道に、
ステキな場所、みつけました。
といっても、情報誌などでも紹介されているし、
興味ある人は知っているのでしょうが。

春天翰墨画廊 SPRING HANMO GALLERY
あたたかな陽射しと相性のいい黄色が基調の壁に、
緑ゆたかな木々と、
アートな像たちがお出迎えです。
2Fはウッドデッキになっていて、フリースペース。
通りから奥まっていて、
まわりは租界時代のレンガのマンション。
天気のいい日に、
散歩の休憩に立ち寄ってみたい場所です。

いつもの復興中路を途中お店に寄り道しながら歩いて、復興西路へ。
カラフルなカフェボールとアロマポットを購入。
高いと思って入ったことなかったけど、
かわいいマグカップなど、10元からあります。
プレゼント選びにはなかなかよさそう。
まったく中国らしさはないけどね。笑
つい買ってしまいそうだけど、
日本には連れていけなそうなので、ぐっとがまん。

【春天翰墨画廊 SPRING HANMO GALLERY】
南昌路209弄5号

【TOP HOUSE】
復興中路1220号

おいしいレストランの話はまた今度。

南京西路にも租界時代のマンションが残っています。
角がまるくアーチを描いたもの、よくみかけます。

日曜日、じつは髪を切ってきましたっ
場所は中信泰富CITTIC SQUARE にある、SALON H。
まわりの友達にもここの常連さんが多いのですが、
評判どおりの美容師さんでした。
最近ではJEAN PAUL GAULTIER
上海での春夏コレクションのヘアメイクをされたとか。
来シーズンはロマンティック系だそうです。

以前は髪が短かったのと、
美容室好きなこともあって、
1ヶ月に1回くらいのペースで通っていたわたし。
留学前、
半年間切るつもりありません!
なんて美容師さんに言ってたくせに、
着いて1ヶ月も経たずにすぐ切りに行ってたし。
しかも10元。
大潤発(超市)の中にある、看板は一応LOREALの。笑
本物??
なわけないか。
ともだちと興味半分、勢いで入っちゃった。
でもなかなか上手で、気に入りました。

そんなわたしが今回は3ヶ月近くも我慢してたなんて。
やっぱり美容室はよいねっ
シャンプーのにおいに包まれて、
人にシャンプーしてもらったり、
マッサージしてもらうのって気持ちいい。


MoCAMoCA
MoCA

昨日は朝からはりきって人民公園へ。
まずはお決まりのスタバでサンドとモカを買って、
公園内のベンチで腹ごしらえ。
先週末から一気に気温が下がって、いよいよ冬な感じだったけど、
昨日は陽も出ていて、日なたは暖かい。
日曜日ってこともあって、公園内はたくさんの人。

公園内をどんどん行くと、
すっかり枯れて種ができたハスの咲く池の奥に、
上海当代芸朮館 MoCA があります。
7月に通った時はまだ建設中で、
そのおしゃれな外観から、何が出来るのか楽しみにしていたこの建物。
なんと美術館でした。

PIERRE et GILLE《皮尓和吉尓上海回顧展》をみてきました。
彼らは1人の写真家と1人の画家。
写真の上から絵を描くという独特の技法で、
なんともいえない世界をつくり上げているのですが、
会場も現実と空想が入り混じり、今にも色が溢れ出しそう。
個人的には作品そのものよりも、
額縁をみて回るのがおもしろかったかな。

しかも、出口に飾られていたのは侍姿のSHINJO選手。
年に15作品も作らない、
彼らの2005年の作品のひとつがあなただったなんて。
ってかんじ。
20051024193743.jpg20051024194413.jpg
《外灘画報》でも特集が組まれていました。

人民公園を出たあとは、
南京西路をてくてく歩いて中信泰富CITTIC SQUAREへ。
地下1階にはサロンがあって、
今回はFashion Art Exhibition2005《梦醒時光》が開かれていました。
ここは入場無料で、ふらっと立ち寄れるかんじがいいです。
昨日なんて、スタッフさえいませんでした。
もったいない。

今作品展は1970、80年代生まれの上海育ちのアーティストたちが、
20年間の制作活動を経て、ひとつの区切りとして合同で開いたもの。
現在彼らがたどり着いた"かたち"が並んでいます。
PIERRE et GILLEの回顧展とは対照的に、
抽象的で、
色のトーンも黒、白、グレーと暗くて、
ひっそりとした印象ですが、わたしは好きです。


たまにはいろいろなものを見て、自分の体に吸収したいものです。


足かなりよくなった!!
先週、
歩いていて、
ふと、
実は治ってたりして♪
と思って、小走りしてみたら、案の定痛かったけど、
今日やってみたら、結構いけた!!
傍から見たら、なんてマヌケな行動。
でもまだ調子に乗らず、
大事にしてあげよう。
自分の足。

今日でちょうど1ヶ月。
すべてのことには意味があると信じているけど、
この1ヶ月は大きかった。
やりたいこと、やらなきゃいけないことがいっぱいあったのに。
だから、
やりたいこと、やらなきゃいけないことだと気付いているなら、
頭で考えてばかりいないで、
動かなきゃいけないんだね。

マイペースはるかにもそろそろエンジンかかったか!?
F1,shanghaiGP.jpgshanghaiGP.jpg
F1ShanghaiGP、見に行きたかったよー!!
zaozishu

やっぱり週末まで待てなかった。
棗子樹へランチに行ってしまった。
今日は初めての人もいたので、いろんな料理を注文♪
お昼からこんなに食べてよいのか…
しかも棗子樹に入る前に包子、1個食べちゃった。
結構人気の包子やさんみたいで、いつもおいしそうだったんだよね。

山芋の高菜炒め
精進肉チャーシュー
揚げゆばの野菜あんかけ
冬瓜と木耳のスープ
海陸チャーハン


お肉や卵は一切使ってないなんて、信じられない。
くらい、どれもおいしい精進料理。
写真の奥に写っているのはスイカ。
まだあります、スイカ。
棗子樹では毎回食前にくだものが出てくる。
これは胃腸を整えて、消化を促すためのもの。
さらに、空腹時のほうがビタミンの吸収もよいらしい。
それにしても、
中国のレストランでは本当によくスイカを食べるね。

【棗子樹】
嵩山路77号(上海皇宮内)
さて。
なにから書こう。
kitchen

ここしばらく、料理がいい気分転換。
"食べる"のたのしみから、"作る"たのしみへ
でもどっちにしても食べるたのしみは変わらないから、
正しくは、
"食べるだけ"から"作って食べる"たのしみへ
どれもなかなかよくできた◎
写真全部載せないけど、
これでも十分しつこい。笑

currycurry
かぼちゃごはん

先週はいろんな人がお見舞いに遊びに来てくれたり、
電話やメールしてくれたり、
新しい音楽を聞かせてくれたり、
おいしい差し入れを持ってきてくれたり、
気持ち的にとても元気に過ごすことができました。
みんなありがとう。

ひさしぶりに、
大好きな前期のクラスの先生とクラスメイトに
会えたときはうれしくて別れるまでずっとにやけてたと思う。
今度、晩会開こう!!
かぼちゃごはん

そして今日、
残り3ヶ月だけど、もう自転車乗っても大丈夫そうなので、
マイチャリ2号、買いましたっ!
これで楽になること間違いなし。

頼むから錆びないでおくれ。new!
盗まれないでおくれ。


今日は午後、
家のすぐ裏にある同済大学のお庭にちょっとお邪魔して、
本を読んで過ごした。
分校なので、とても小さなキャンパスだけど、
芝生や庭園もこぢんまりしていてちょうどいい感じ。
最近、ホントに天気がよくて、
お日様も、風も、気持ちいい
部屋にいるのはもったいないっ
かぼちゃかぼちゃ
かぼちゃかぼちゃ
帰りに、
カボチャ
まるごと1コ買ってきちゃった!
ホクホクしてて、ほんのり甘くて、おいしいカボチャ。
でも、
かたい。
そうだった。
カボチャって切るの大変なんだった。
今日ばかりは包丁が一生懸命に見えた。
よいしょ。よいしょ。
おつかれサマ、包丁!
よくがんばった!
そして出来た、
カボチャたちの山。
冷蔵庫は彼らでいっぱいです。

今晩はカボチャとナス、トマト、たまねぎ、豚ひき肉で
具だくさんカレーをつくりました。
この間買ってきたナンを焼いて、
いっしょにいただきまーす!
おいしい秋がやってきた!!
ここ数日、上海はさわやかな秋の天気が続いてます
上海ガニも、栗も、おいしそぅ
shanghaixie lizi
lizi zhongyao
じつに18日ぶりの授業。
午後は語学の選択授業に参加させてもらいました。
これがすごく面白い!!
"若者コトバ"や、もちろん新聞でも使われる"流行語""新語"について解説する授業。
上海は北京に比べて台湾や香港で生まれた所謂"流行語"の影響が強いそう。

酷:ku→coolカッコイィ
は既によく使われているけど、
GG:gege→兄
TDK:TOEFL,Dance,Kiss
→英語が話せて、クラブで遊ぶことも出来て、キスも出来ちゃう男の子
おぉ。
なるほどね。って感じ
教育面から見れば"コトバの乱れ"。
でも、コトバは常に社会の影響を受けて変化しているもの。
ひとつの時代を知る手がかりであるし、"いま"を反映しているんだなぁと。

マンションに戻ると、
服務台の阿姨が治りの悪いのを見かねて、"中薬zhongyao"をくれた。
部屋へ来て調合までしてくれた。
ありがとう、阿姨!!

水を加えて練ったものを布にくるんで貼るのだけど、
じわじわ熱くなってくる、温シップみたいなもの。
トウガラシを塗ったみたいな熱さ。
けっこう熱い、痛い。
けど、しばらく試してみよぅ!!
わーぃ!!
診察を兼ねて、南京西路へ行ってきた!!
南京西路

今日は陽射しも風も気持ちいい。
空も雲も夕方いい色に染まってた。
ひさしぶりのお出かけでウキウキしちゃった。
きれいなホテルやショッピングビル。
すっかり秋冬のコレクションに衣替えしたウィンドー。
南京西路っていつ行っても
わたしの上海の生活とは別世界。

スタバで休んだ後は、
輸入食材スーパーマーケットでお買い物。
グレープシードオイルに、
ハーブソルトに、
ホールトマトに、
パンに、
野菜に果物。
あ、、
パルメザンチーズ買うの忘れた。
一番必要だったのに。
買い物ってそんなものだけど。

そして今日分かった事実。
足の骨、
実は小さなひびが入っていた。
ドクター、早く言ってよー
今日もオチャメなドクターは
「もうソファーで寝ちゃだめだよ」
そう言って別れの握手をした。

はい。
もうソファーでは寝ません。

国慶節の連休も今日で最終日。
明日からまた学校がはじまる。
なんにもしなくたって、
時間はどんどん過ぎていく。
sora

"なぜベストを尽くさないのか"

休み中、同屋と観たTRICKに出てきた言葉。
そういえば、上海で出会った友達に

"なんでもっと頑張らないんだ!もっとやれるはずだ!"

そう言われたことがあった。
言った本人は相当酔ってたけど、
わたしはうれしかった。
言ってくれたことがうれしかった。
この気持ち、他の友達には伝わらなかったけど。
まして言った人があの友達だったから。
酒を飲むと面白いくらい変わる、あの友達。笑
でも、いろんな名言を残していってくれた友達です。

"攻めろ"

これがイチバン印象に残ってる。
口癖だったし。
わたしは人間関係ではあまり自分から"攻めて"いく方ではありません。
知らない場所へは1人、"攻めて"行けるんだけどな。
出会いって自然にやってくるものだから、無理したくない。
そう思っていたけど、
こっちに来て、いろんな"攻めてく"タイプの人に出会って考え方がちょっと変わりました。
なんでもじっとしていちゃ、変わるものも変わらない。

とは言っても、まだまだ甘い自分がいます。
残り4ヶ月、ベストを尽くしたいものだと思いました。
night

ここ2週間、ほぼ毎日出かけることはなかった。
だって、部屋にいるしかないんだもん。
そろそろ息が詰まりそう。
そう感じてた。
2階で、しかも道路に面しているから、
窓を大きくあけて空気も入れ替えることってなかった。
ともだちに
今日は雨だし、窓開けてみよう。
そう言われて、
窓を全部開けてみた。
雨の日の空気の匂いってあまり好きじゃなかった。
けど、今日は気にならなかった。
むしろすごく新鮮な気がした。
ひさしぶりの友達に会って、
窓を開けて、
ついでに部屋のライトの位置変えてみたり,
部屋も、
自分も、
空気を入れ替えてみることって
たまには必要なのかもしれない。

とにかく早く外に出られるようになりたい!!
復興路を散歩して、それでカフェでのんびりするんだっ!!
style book

「どんな服がきれいか。中国の服装についてどう思うか」
前期の授業で意見交換したことがあった。

「着ている人に合っている服、それがきれいな服だ」
わたしはそう答えた。
単に似合う、似合わないじゃなくて、
その人と服とが互いに求め合って、引き立て合っている感じ。
きれいな服とはそんな感じがする。

中国の女の子はワンピースをよく着ているなって思う。
上海の女の子はおしゃれに敏感な子が多い、かな。
(街に出るとね)
結構、奇抜な格好も眼にする。
色も原色が多くて鮮やかだけど、それが気質に合っている気がする。

わたしは洋服が好きだし、
おしゃれするのも楽しみのひとつ。
どんなときも好きな服を着ていたい。
洋服次第で気持ちも変われる、時もある。
洋服が自分に足りないものをすべて補ってくれるわけじゃないけど。

トニー滝谷

"きれいな洋服"という表現、
最近観た映画"トニー滝谷"にも出てきた。

トニー滝谷という1人の人間の孤独と幸福、そして孤独を描いた作品。
流れるようでいて、1シーン1シーンを切り取ると、
まるで1枚の美しい写真になるようなアングル。
褪せているとは違う、澄んでいる色味。
主演の2人とナレーションの、3人の台詞が織り成すストーリー。
すばらしい。
映画の中に空気が流れて、通り過ぎていく感じ。
透明感のある映像がわたしは気に入った。

この映画でトニー滝谷が愛する女性を
 "服を着るために
     生まれてきたような人"
と形容していて、たくさんの"きれいな洋服"たちが随所に出てくる。

"きれいな洋服"
あなたはどう思いますか?? 

guoqingjie
国慶節2日目はあいにくの雨模様。
おかげで少しは気温さがったかな。
マンションの警備室も国慶節の飾りつけ。

huoguo
そんなわけで、火鍋を食べに行ってきました。
おいしいごはんの為なら歩けちゃいます。
火鍋デー。
これから増えるんだろうな。
食欲の秋、やってきました。

omiyage pijiu
最近、わたしの周りでは北京へ行った人が多い。
お土産いただきましたっ。
スタバTシャツ(天津ver.)
北京外語大学Tシャツ
山楂片

そして、
燕京啤酒!!
パイナップルビール!!
なんておいしそう♪
zoom

明日から連休ー♪
ということで、昨日は遅くまでしゃべって、食べて、
お酒なしで盛り上がれるって、楽しい証拠だね。
ZOOMの水果杯、今日もおいしかった。
そのあとはビックエコーへ。
朝帰ってきたときはさすがに眠かった。
もうオールはつらい年頃です。
友達の1人はそのまま厦門・香港旅行へ旅立っていきました。
すごい!!

9.18

国慶節、、
わたしは上海を満喫したいと思います。
早くでかけたい!!
さっき花火が上がっていたみたいだけど、
2階の家からは見えませんー
まったく国慶節らしさを感じませんが、
人民広場や外灘はすごい人だそう。
ちょっと見てみたいな。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。