FC2ブログ


建築物を眺めながら、
あたまの中で風景を切り取ってみる。

よし、これはどうだろう。
散歩中、
瞬時にいいアングルでシャッターを切るのはむずかしい。
とにかく撮ってみないと分からない。

先日、
外灘にある画廊めざして、
ひさしぶりに福州路から外灘まで歩いてみた。

福州路は俗称「馬四路」と呼ばれ、
その時代は歓楽街だったそう。
いつも人でごった返している南京東路、
「大馬路」から南へ数えて下がっていく。
昔も今も、この平行する通りは界隈ごとに役割がはっきりしているのは同じ。
いま、福州路といえば、書籍と美術用品の専門街といったところ。

もくもくと歩いて着いた、外灘3号。

ここ数年、
イギリス租界時代の建物が改築、または改装され、
高級ショッピングモールに生まれ変わっています。

外灘3号。
外灘18号。
現在、外灘6号建設中。

PB140042.jpg

外灘3号は1916年にユナイテッド・アシュランス社の依頼により建てられた、
上海第一号の鉄筋構造の建物でした。

現在はMACHAEL GRAVES氏によって、
新たな息が吹き込まれ、 
建物自体、芸術価値あるといわれるほどです。
1FはEMPORIO ARMANIの店舗で、
建物入り口はもちろん、
中のエレベーター前にもドアマンがいて、
とても厳かな印象です。

ドアマンの目線がとっても気になる。

ドレスコードはないまでも、
カーキのジャケットにデニムスカート、スパッツ、スニーカーはまずかった。
しかも途中買った画材を入れる筒を肩にかけてたんだから、
怪しまれてもしょうがないけど、
エレベーターに乗る前に足止めされました。

画廊が3日間お休みだったからなんだけど。

上海では展覧会期間中にも関わらず、
お休みなことがあります。
次回へ持ち越しです。

今度はちょっとだけおしゃれして行ってやるー笑
ちょっとだけ。
混み混みのバスや地下鉄を考えたら、
おしゃれなんてとてもできないもんね。

スポンサーサイト



| main |