FC2ブログ
hills.jpg

呆れられてしまうくらい、
ほーんとにマイペース。

何でも受け入れてるようで、
けっこう頑固かも。

新しいものや異なるものを取り込むことで、
自分の中の価値観は確立されて行くってことなのか。
と思ってみる。

みんなもってる、
譲れないもの。

自分を苦しめたり、
悩ませたりするときもあるけど、
これからも大事にしていこう。

まだまだ明日探しは続きます…

GWに行った、
六本木ヒルズの展望台。

たまには高ーいところから、
東京を眺めてみるのもいいもんだ。
DSCF0144.jpg

James Blunt歌ってましたね。
聴くとちょっと切ないです。
でもいい曲。
3月後半のわたしのドライブソングでした 笑

帰ってすぐは、
PE'Z『千歳鳥~CHITOSEDORI~』

2月後半は、
Jack Johnson『Sing-A-Longs And Lullavies For The Film Curious George』

3月前半は、
Ted Lennon『Water & Bones』、、と

テーマソングみたいに、
その時期ごとに車で聴く曲が結構決まっていて、

最近はもっぱら、
S-Tone Inc.『Luz Y Sombra』

なかなかよいです。

「You're Beautiful」
人としてのあり方を
こんな風に言われたら、
すごくステキだなと思います。

「きらきらしてるね」
わたしにとって今まででいちばんの褒め言葉。

人は何かに一生懸命になっている時、
たとえ微かでも光を放つことができて、
誰かの目にきらきら映るものだと思います。

いま、何かに一生懸命なれてるかな。
PA0_0000.jpg

ちょっと考え事したいとき。
ちょっと今日はまっすぐ帰りたくないとき。

カフェというか、
スタバで過ごすのがすきで、
ついつい行ってしまうのだけど、

最近のお気に入りは、
この男の子がかわいい、とっても地元のお店。

今日も帰りに雨が降っていて、ここで雨宿り。
結局止まなくて雨の中帰ったけど。

地元といえば、
今日は電車で中学の友達に会って、
いま誰が車掌さんで、先生で、警視庁で、サッカー選手で、、

みんな大人になるものだね~
って感心してる私たち2人は就職活動中。

そして、

スタバといえば、
この間初ドライブスルーしました。
しばらくは通学前の寄り道決定だな。

車の揺れにも安心なのが、タンブラー。

今までは荷物になるから家に置きっぱなしだったけど、
これからは使う機会が増えそう。

PC290075.jpg

やっと出番がきた!
スタバタンブラー大集合!

お友達の見事なタンブラーたち!!

上海だけでも、
上海、新天地、豫園は2種類もあって、
上海美術館のは毎年4コセットが出ているなんて、すごいでしょ??

写真は他にも、
香港、マカオ、広東、無錫、蘇州、杭州、、だったかな??

上海次回は、
東方明珠か外灘バージョンが出るんじゃないかと
私たちは睨んでいるのだけど、どうでしょう??

DSCF0066.jpg

最近、鍼灸治療を初体験しました。
まだ2回だけど、
その効果にびっくりです。

体の上下左右、
バランスをみて鍼を打つらしく、
なかなかの箇所になります。

さすがに打つところは見る勇気がないけど、
打たれたあとは痛くもないので、
見たくてしょうがない!

のだけど、
身動きがとれず見れず仕舞い。

見たい…

鍼灸といえば、やっぱり中国。
中国で出版された本が並んでいます。

この間は先生が大事にしている、
「不耻下問 針灸高術」
有名な中医師のメッセージ入りの本を見せてもらいました。

ひとからもらった、
たくさんの大切な言葉に、
わたしもとても励まされています。

この間の上海で、
南京東路を歩いている時に老爸が言ってくれた。

「有失有得」

その時、なんだか救われた気分になったことを、
ちょっと思い出しました。


人のうしろ姿が、
そこにいるはずのない友達の姿に見えたり、

ある曲を聞くと、
上海の何気ない毎日を思い出したり、

あっ、この匂い…
なつかしいあの匂いだ!

そう思ってふと目をやると、
それはタイ料理のお店でがっかりしたり、

ステキになった、
中国語講座のオープニングに興奮して、

でも舞台が北京なことに、
何で上海じゃないんだとすこしばかり腹を立てて、

いまどうしてるんだろう。

ひとりひとりの顔が浮かんでは、
みんなに「ありがとう」をこころの中で唱えて、

そのたびに
胸がきゅんとしちゃうのは、

きっと上海病。



ただいま。
からもうすぐ1週間。

おかえり。
そう言ってくれる人がいるから、
どこへだって行ける気がする。

今日はひさしぶりの大学。
同期のみんなは卒論口述試験。

就活して、卒論書いて、
どんなに大変な1年だったんだろう。

みんなぐっと大人に近づいた顔をしていて、
いまの自分とつい比べてしまう。

1年後、自分もあんな顔になれるのかな。

不安はたくさんだけど、

ともだちが前を歩いていてくれる。
マイペースなわたしのお尻をたたいてくれる。

しあわせなこと。

« back | main | next »