FC2ブログ
上海駐在員太太さん主催の
チャリティーバザーに行ってきました。
すごいです、太太さん。

わたしもちょっとだけ、
太太さん気分を味わってきましたw



いま、
上海には4~6万人(出張など短期在住含む)
の日本人がいると言われています。
今日あらためて、
上海で確実に日本人社会が形成されていることを感じました。

さて、
会場にはたくさんのブースが出ていたのですが、
わたしもちょこちょこ買ってきましたよっ

まずは、
Lilli’S SHANGHAIで犬の服を。
買ってしまった。
エプロン式の若草色のチャイナ柄に茶色のふち。
これがすごいかわいぃ。

続いて、
スワロフスキーを使った、手作りのビーズのお店で、
ともだちのプレゼントに指輪を。
これまたかわいぃ。

自分には、
シナモンのキャンドルを。
うーん、おいしそう。

おみやげには、
蜂蜜屋のカステラと乾燥ひじき。
カステラは本当においしかった!

PB210026.jpg

その後、ひとりお茶屋さんへ。
うちは中国茶をよく飲みます。
中国に行くと、お茶を買って帰るのがわたしの役目。
けちって少なめに買って帰るとこれだけかと怒られます。笑

長楽路にあるそのお店は、
値段のわりにいいお茶が手に入ります。
じつにおいしくお茶を入れてくれます。
技ですね。

そして、
本当にたくさんお茶を入れてくれます。
この後どこかでコーヒーでも。
なんて休憩は必要ありません。
今日も2時間近くいました。
よって、その後のカフェ巡りはあえなく却下。

でも、
半年ぶりでもちゃんと覚えていてくれて、
わざわざ外出中だった奥さんが会いに来てくれたら、
やっぱりうれしい。

じーっと見てたらくれた手のかたちした茶漉しセット。
なんか気になったんだよね。

PA290096.jpg
PA290096.jpg
PA290096.jpg

今日はおじちゃんの運転する自転車には乗らず、
駅から歩いて帰ってきました。


建築物を眺めながら、
あたまの中で風景を切り取ってみる。

よし、これはどうだろう。
散歩中、
瞬時にいいアングルでシャッターを切るのはむずかしい。
とにかく撮ってみないと分からない。

先日、
外灘にある画廊めざして、
ひさしぶりに福州路から外灘まで歩いてみた。

福州路は俗称「馬四路」と呼ばれ、
その時代は歓楽街だったそう。
いつも人でごった返している南京東路、
「大馬路」から南へ数えて下がっていく。
昔も今も、この平行する通りは界隈ごとに役割がはっきりしているのは同じ。
いま、福州路といえば、書籍と美術用品の専門街といったところ。

もくもくと歩いて着いた、外灘3号。

ここ数年、
イギリス租界時代の建物が改築、または改装され、
高級ショッピングモールに生まれ変わっています。

外灘3号。
外灘18号。
現在、外灘6号建設中。

PB140042.jpg

外灘3号は1916年にユナイテッド・アシュランス社の依頼により建てられた、
上海第一号の鉄筋構造の建物でした。

現在はMACHAEL GRAVES氏によって、
新たな息が吹き込まれ、 
建物自体、芸術価値あるといわれるほどです。
1FはEMPORIO ARMANIの店舗で、
建物入り口はもちろん、
中のエレベーター前にもドアマンがいて、
とても厳かな印象です。

ドアマンの目線がとっても気になる。

ドレスコードはないまでも、
カーキのジャケットにデニムスカート、スパッツ、スニーカーはまずかった。
しかも途中買った画材を入れる筒を肩にかけてたんだから、
怪しまれてもしょうがないけど、
エレベーターに乗る前に足止めされました。

画廊が3日間お休みだったからなんだけど。

上海では展覧会期間中にも関わらず、
お休みなことがあります。
次回へ持ち越しです。

今度はちょっとだけおしゃれして行ってやるー笑
ちょっとだけ。
混み混みのバスや地下鉄を考えたら、
おしゃれなんてとてもできないもんね。

PB120202.jpg
夕方から1人、IKEAへ行ってしまいました。
耐熱皿と、缶切りと、紅茶のポットと、キャンドルを買うつもりだったけど、、
それだけで済むわけがなく、
大荷物で帰ってきました。

帰国してからのことも考えて、
あれもこれも欲しくなってしまいます。
なんて気のはやい…
2006年にはついに、
日本一号店が横浜にも出店するそうなのでたのしみ。
ただ、価格設定が気になるところ。

クリスマスのオーナメントやライトも並んでいて、
ちょっと家がなつかしくなってしまいました。
そしてついつい、
来年用にと、買ってしまったわたし。

PB120204.jpg

店内ではスウェーデン食材も購入可能。
今日はLump Fish Roe(見た目はキャビア)と、
それをのせるパンを買ってみました。
オードブルにして、家にたまったビールで一杯やろうと思いますw
今日もあいにくの雨模様。
それでも授業のあと、おでかけしてきました。
PB110158.jpgPB110175.jpg
PB110194.jpgPB110173.jpgPB110193.jpg

スタートは衡山路。
まずはAnadolでラップサンドをテイクアウトして、
片手にサンド、片手にカメラ。
食べ歩き。
撮り歩き。

鳥魯木斉路から汾陽路に入って、
Paulaner DELI&BAKERYへ。
ここはビールのおいしい、ドイツ料理レストランのパン屋さん。
どれもおいしそうで、
ついついたくさん買ってしまいました…
ティラミスがおいしいと聞いてたので、もちろん食べました。
ついでにティラミスアイスも。
個人的にはもっとマスカルポーネがきいてる方がよいな、と。
それよりも、
ドイツ風アップルパイがすごーくおいしかった!
りんごそのものの、上品な甘さ。

PB110190.jpg


薄暗くなったころ、復興西路へ。
Art Scene Chinaに寄り道して、行く先は毛太設計。
やっとお母さんのスカートを受け取ることができました。
足の怪我や今日も抱えてきたパンをつっこまれ、ひさしぶりのおしゃべり。
そばでは明日からの展覧会に向けて、
オーナーと作者であるオーストリア人の女性が準備中でした。
ひとあし先に、作品を見せてもらいました。

作品はすべて、嗅ぎタバコの瓶。
以前博物館でみたものより大きめでした。
色は淡く繊細で、どこかモダンなデザイン。
キメが細かいのは海底の土で作っているからだとか。
また近々、ゆっくり見に行こうと思います。

たった3時間のおでかけだったけど、
いい写真もいっぱい撮れました。
本当、絵になる街です。

PB110191.jpgPB110192.jpg

わたしの眼に映る、
shanghaiの姿を伝えること。
いま、わたしが上海にいるからできることの1つだと思っています。
10.2910.29

10.29
10.29
10.2910.29
ということで、
これからもどんどん自分の足で歩いて、
わたしのshanghai mapを拡大していきたいと思います。
出掛けたいだけじゃんと言われれば、それまでだけど。

さて。
ねむい頭を醒ますべく、
昨日はひさしぶりに散歩コースへ。
でも、今回ははじめての画廊やレストランが目当て。

陝西南路から復興中路へ向かう途中に
南昌路というやや小さい通りがあります。
うっかり通り過ぎてしまいそうな道に、
ステキな場所、みつけました。
といっても、情報誌などでも紹介されているし、
興味ある人は知っているのでしょうが。

春天翰墨画廊 SPRING HANMO GALLERY
あたたかな陽射しと相性のいい黄色が基調の壁に、
緑ゆたかな木々と、
アートな像たちがお出迎えです。
2Fはウッドデッキになっていて、フリースペース。
通りから奥まっていて、
まわりは租界時代のレンガのマンション。
天気のいい日に、
散歩の休憩に立ち寄ってみたい場所です。

いつもの復興中路を途中お店に寄り道しながら歩いて、復興西路へ。
カラフルなカフェボールとアロマポットを購入。
高いと思って入ったことなかったけど、
かわいいマグカップなど、10元からあります。
プレゼント選びにはなかなかよさそう。
まったく中国らしさはないけどね。笑
つい買ってしまいそうだけど、
日本には連れていけなそうなので、ぐっとがまん。

【春天翰墨画廊 SPRING HANMO GALLERY】
南昌路209弄5号

【TOP HOUSE】
復興中路1220号

おいしいレストランの話はまた今度。

南京西路にも租界時代のマンションが残っています。
角がまるくアーチを描いたもの、よくみかけます。

日曜日、じつは髪を切ってきましたっ
場所は中信泰富CITTIC SQUARE にある、SALON H。
まわりの友達にもここの常連さんが多いのですが、
評判どおりの美容師さんでした。
最近ではJEAN PAUL GAULTIER
上海での春夏コレクションのヘアメイクをされたとか。
来シーズンはロマンティック系だそうです。

以前は髪が短かったのと、
美容室好きなこともあって、
1ヶ月に1回くらいのペースで通っていたわたし。
留学前、
半年間切るつもりありません!
なんて美容師さんに言ってたくせに、
着いて1ヶ月も経たずにすぐ切りに行ってたし。
しかも10元。
大潤発(超市)の中にある、看板は一応LOREALの。笑
本物??
なわけないか。
ともだちと興味半分、勢いで入っちゃった。
でもなかなか上手で、気に入りました。

そんなわたしが今回は3ヶ月近くも我慢してたなんて。
やっぱり美容室はよいねっ
シャンプーのにおいに包まれて、
人にシャンプーしてもらったり、
マッサージしてもらうのって気持ちいい。


« back | main | next »